コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
人生 フルーツ 再び
記事本文

フォーラム盛岡で上映中の

映画、人生 フルーツを観てきた

3月に東京で観てから2回目となる

 

*3月の感想などはこちら

http://blog-noriko.com/?eid=696

 

 

今回はじっくりと

樹木希林さんのナレーション(NA)を

聴かせていただいた

最初感じた疑問の

「風が吹けば枯葉が・・・」のフレーズは

同じように読んだのか、それとも・・・

については

違って読んでいたように思えた

そもそも

あまり小細工などせず

その場に合わせてお読みになったのね…

と、きわめて基本的なことに想いが至った。

 

今回はパンフレットを購入し

ディレクター氏やプロデューサー氏の

製作日誌も読んだのだが

1回目のときに思ったとことや感じたことが

やっぱりね〜

そーよねーと

様々符合してより作品が味わえた

 

たとえば…

奥様が作った美味しそうなお菓子が

これでもかこれでもかと

次々と出てくるのだが

どう見てもお二人分の量ではなく

あきらかにスタッフの分も考えての大きさだし

ちらっちらっと

画面の片隅に見える食器も複数積み重ねられていた

スタッフへのお心遣いが見えるなーと

感じていたが、

やはり、撮影の3〜4時間は食事やお茶の時間だったとあった

 

軽快なオリジナル音楽もピッたりで心地よく

音響も、常にさりげなく小鳥のさえずりが入っているのが

全編をマイナスイオンで包み込んでいるかのようだ

風の音も効果的だった。

およそ2年間の撮影に関しては

カメラマンの方と

「撮らない勇気」を持って臨んだとある

これってすごい!(そしてちょっとうらやましい)

 

よくこんなシーンを撮影させてくれたと

前回のブログで書いたのは

ご遺体の部分

30秒という、

かなり長い時間きっちり映し出す勇気に

固唾を呑んだ。

製作日誌にも書かれていたが

タブー視される「死」を逃げることなく撮影したというから

お二人との信頼関係や

スタッフの半端ない意気込みも伝わってくる。

(上映されていないが焼き場や葬儀も撮らせてもらったという)

 

盛岡での公開前に

勝手にアチコチにお勧めしていた

5%くらいの人は何も感動しなかったと話された

残りの方々は

その方の今の位置にぴったりフィットしたみたい

 

 

製作日誌にからお借りし要約すれば

「年をとる事をネガティブに伝えることが多いご時勢

超高齢化社会、老老介護、貧困老人、孤独死…等

でもどこかにお手本となるような

人生の師はいないかと探していて

津端御夫妻に出会った」

この映画の感動ポイントはまさにそこなのでは

と思える

 

英子さん

今月は3回忌を迎えられたのですね…

今日も美味しい手料理を

仏前にお供えなさっていらっしゃるのだろう

 

コツコツゆっくり…

 

私の「呪文」になりそうだ

 

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
いつもの桜♪
記事本文

IBC庭園の枝垂れ桜です

 

今年も

ひっそりと

そして

気高く

咲いています

記事続き
タイトル
タイトル
奇跡のサボテン、今朝!
記事本文

今朝、開花しました〜!!

 

本当にうれしいです♪

亡き母が40年間大切していたサボテン

 

あきらめてた2016昨年春

 

サラダファームさんにお預けして4ヵ月後の

10月末

 

そして今年の2月末

で、昨日

 

これがっ!

  ↓

今朝

これ!ですもの♪

奇跡!です〜

 

サラダファームさん

特に山さん

本当にありがとうございます!

記事続き
タイトル
タイトル
人生 フルーツ
記事本文

『人生 フルーツ』とは

ドキュメンタリー映画のタイトルだ

 

 

IBCのTVディレクターから勧められていたのと

ナレーターの樹木希林さんのナレーションを

古舘ANが絶賛していたこともあり

ナレーションの勉強のつもりもあり

以前からずっと観に行きたかった映画だ

 

ようやく先週、所用で上京の際、

東中野の小さな映画館「ポレポレ東中野」で

観ることができた

 

 

何年ぶりだろう・・

流れる涙を自己コントロールできずに映画を観たのは!

何十年ぶりかもしれない

 

 

私が観た映画館ポレポレ東中野は

100席あるかないかの小さな映画館

その小さな映画館の地下に続くらせんの階段通路からは人があふれ

映画館前の道路にも長蛇の行列!!

10:30という時間帯もあってか

圧倒的に中高年以上のみなさん

私もぽかぽか陽気の中、列に並ぶ

案の定満員で座席はうまり

パイプ椅子を並べ

それでも足りず、最後は

館内の階段に小さな座布団を敷いて観てもらうしまつ

 

そしてもう一人列に並んだ

しぶしぶ付き合った我が家の次女28歳

行列にびっくりし

聞いてきた

 

次女「すごい行列!!どんな映画なん?」

私 「90歳のおじいさんと87歳のおばあさんご夫婦の

   ドキュメンタリー映画

   としか、お母さんも知らないのよ」

次女「え?!おじいさんとおばあさん??

   んもう!そんな映画なん!!

   私半分徹夜だから寝てるからよろしくね!」

 

ま、しかたがない

次女は、このあと一族で集まって食べる予定の

叙々苑の焼肉めあてで映画に付き合ったのだから

 

その次女も

後半は、え?!・・と絶句し

お母さんは知ってたの?と低い声で聞いてきた

もちろん私も知らないストーリー展開・・

結局次女はそこから最後までタオルハンカチで顔を覆い

流れる涙を止められず、

私も自分のあふれる涙を自己コントロールできない

私の隣で一人観に来ていたらしい女性は

しゃくりあげての嗚咽だし

会場からはすすり泣きが聞こえ

しーーーんと空気がはりつめる・・

皆どうしてよいのかわからないという感

おなじ物々たちが

草木が

まったく違って見えてくる

迫ってくるといってもよい

 

樹木さんのナレーションは

思ったよりすくなく

意外だったが

なんどかくりかえされるフレーズ

「風が吹けば枯葉が落ちる。

 枯葉が落ちれば土が肥える 

 土が肥えれば果実が実る  

 こつこつゆっくり

 人生、フルーツ。」

は、シーンによって違って聴こえる


通常NAをするであろう場面も音楽とテロップが流れ
それでもキチンと流れが理解できるようにつくられていたし
何より、希林さんのNAは
同じフレーズが出てきても
同じに聴こえないのがすごいと思った
毎回同じようにお読みになったのか
またはシーンで微妙に変えるように読んだのか・・
私なら、変えて読みそうだが
あえて変えずにお読みになったのかもと思ったりしている

 

樹木さんのナレーションは

音ではなく

まぎれもなく「人の声」であり

声に人生が滲み出ている

私もいつかそんな風なナレーションができるようになりたい〜

と目標にもなった

 

制作者の

東海テレビさんは

ゆっくり丁寧に暮らすご夫婦の日常を

丁重に丁寧に撮影していた

よくこんなことまで撮影させてくれたな〜という

驚きのシーンからも(あえて内容にはふれないでおきますね)

制作側とご夫妻の信頼関係も伝わるし

何よりご夫妻の潔いこだわりのない性格も伝わってきた

 

次女は

映画鑑賞後

「お母さん、もうムリ!

人生フルーツひきずる〜」とうわごとのように話し

帰りには、映画館の階段壁の評価も思わず写真におさめていた

 

そして最近も「人生フルーツ、もはやトラウマだわ(笑)」と

ラインしてきた

そう・・

観終わって

ずっと、ご夫妻の生き方を反芻してしまう

私もそうだもの

 

人生、フルーツ

の意味がようやく理解できたきがしている

くわしく書くとご覧になっていない方にストーリーの先取りをしてしまい

失礼かとおもうので書けないが

生きること

生き続ける事

そして

・・・

そのことによってゆっくり実らせる果実は

人生にたとえられ

熟していく

 

 

全国で上映されているが

多くは無い

東北は、各県で上映館もあるが

残念ながら岩手県はゼロ

ぜひ

HPなどで検索してご覧になってみてください

(DVD等はいっさい発売しないそうです)

 

記事続き
タイトル
タイトル
これは、もしかして…?!
記事本文

瀕死のサボテンをよみがえらせてもらってから

 

4ヶ月・・

 

ちいさなちいさなピンク色のものを発見

 

ひょっとして・・

 

もしかして・・

 

いえいえそんな奇跡のようなことがあるはずない・・・

 

けど・・・

 

見かたによっては・・花・・・?

 

いやいやぬか喜びはやめて

 

もうしばらく様子をみてから

 

喜ぼう・・・

 

ピンクの浮遊物???

 

でも、発見したのは母の命日でした

 

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
家族のゆくえは?
記事本文

金しだい

 

家族のゆくえは金しだい

 

というのは、

 

昨日読み終えた

 

信田さよ子さんの著書だ

 

著者の信田さよ子さんは

 

原宿カウンセリングーセンター所長で

 

アルコール依存症、摂食障害、

 

DV、子どもの虐待などに悩む本人や

 

家族へのカウンセリングを長年行っている

 

信田さんが盛岡で講演した(10年くらい前?)際にお会いする機会があり

 

お食事もご一緒したし、

 

東京での信田先生が主催するイベントにも伺ったことがあるので

 

この書きっぷりと

 

ほんのわずかだが触れたお人柄に魅かれて久しい

 

心の問題はデリケートなことが多いが

 

オブラートに包むことなく

 

キレのいいスパっとした切れ味の良い文章なので

 

とてもわかりやすい

 

なので、気づけば我が家にも

 

たくさんの御著書のなかから8冊

 

その中の数冊も、たとえば、

 

「愛情という名の支配」〜家族を縛る共依存

「母が重くてたまらない」〜墓守娘の嘆き

「愛し過ぎる家族が壊れるとき」〜まやかしの仲良し家族から安全な家族へ

 

と、タイトル・サブタイトルからして辛口

 

本書「家族のゆくえは金しだい」も、

 

《愛と絆》だけでは(家族の問題は)乗り切れません

 

と、帯に書いてある

 

そして

 

持てる親世代と無職の子ども・・・

親子・夫婦関係を良好にするためにも

今ある関係から一歩踏み出すためにも

お金ほど大きな役割を果たす物はない

出すべきか、出さざるべきかそれが問題だ

 

と、ある。

 

愛情とお金を天秤にかけるなんて不謹慎

 

と、思っている方にこそ読んでもらいたいな〜

 

と、読後の実感である

 

あ、もちろん、わが身を振り返り

 

ズキ!どき!としながら読みましたよ〜

記事続き
タイトル
タイトル
妹の帰省
記事本文

今週

妹がやってくる

 

日頃、

姑の介護や

婚家の家業などの雑務から

解放されること等を目的に

4日間くらいいる予定だ

 

妹が楽しみにしているのが

「温泉」→岩手は手軽に行ける良いお湯があってうらやましいと

「岩手の居酒屋」→山海の幸が新鮮で美味しいと

「プール」→50歳から始めてやっているので盛岡のプールでも泳ぎたい

「買い物」↓

が、ある。

 

その中の《買い物》だが

つれてってほしいというお店が

Sまむら さんだったり 

Mかわや さんだったり

 

え?なんで??

もちろんリーズナブルなお値段だからなんだろうけど

下着などは値段のわりに質もよいからと言ってる

 

へーそーなんだ・・

でも、そっちならゴマンとあるでしょ、この手のお店は

と、話すのだが

介護や家業など手伝っていると

自宅から離れたところにある

Sまむら他の

リーズナブルなお店にはなかなかいけないらしい

なので

連れて行くと

「安い 安い!信じられない(驚)」

と、連呼しながら楽しそうに買い物をしている

 

ちなみに彼女の居住地に近い

いつも行くおなじみの買い物ゾーンは

渋谷・新宿・池袋の各駅周辺のデパートや商業施設

そして自由が丘

と、私からするとなんだか華やかだ

 

なかでも自由が丘は

バッグはここ!

雑貨はここ!

服は、こことあそこ!

パンはこっち

お菓子は…

レストランは…

と、いわゆる”シマ”状態

なので逆に私は遊びに行くと

自由が丘で買い物を楽しんでくることができる

昨秋も、

キャリーバッグが欲しくてつれてってもらった

自由が丘の某店で

入荷したばかりという

”大人ムーミン”のキャリーバッグを購入(嬉)

満足満足(^^)

 

田舎だから遠いお店

都会だから遠いお店

色々だね

 

 

秋田生まれのはずなのに

40年近く東京にいると

ここ1〜2週間の岩手の寒さが怖いらしい〜

 

風邪をひかせないように

あったかくして

おねーちゃん待ってるからね!

 

おかえり♪

記事続き
タイトル
タイトル
みんな 帰った
記事本文

みんな 戻っていきました…

 

お部屋の中がシーンとしています

 

洗濯物の山も引き出しに戻りました

 

 

モヤシ炒めが美味しい(^^)

記事続き
タイトル
タイトル
2017あけましておめでとうございます!
記事本文

おそまきながら

あけましておめでとうございます!

2017年も

後藤のりこをご愛顧いただき?!

今年もどうぞよろしくお願いいたします

1日おばさん白書

2日ワイドステーション

と、お仕事で幕開けして

アナウンサーとしてはとても幸先がよいと思っています

 

が、

 

個人としては

来客も多く

年末年始は目も回る忙しさでして…

 

29日ごろから

気がつけば

ずーっと

台所にたっています!

でも、お料理作って出すのが

もともと好きなので

これもまたたのし〜♪

 

そ・し・て

今年も

いろんなことに挑戦し

いろんなのりこさんの可能性に挑戦するぞ!

 

これも私

これも私ですからっ

記事続き
タイトル
タイトル
テレビのなみだ
記事本文

『テレビのなみだ』

放送作家の鈴木おさむさんの著書だ

 

2010初版なのでずいぶん前の書籍だが

カウンセラーの金藤先生が、

おば白のコーナーで

その中の《嫉妬年表》部分を紹介し

打ち合わせの際に、薦めてくれたので

早速購入し読んでみた

 

さすが売れっ子作家さんだけあって

超有名なあんな番組、こんな番組の

裏側の話がたくさん出てきて

とても興味深いのだが、

サブタイトル「仕事に悩めるあなたへの77話」

とあるとおり、

「叱り方」・「プロとは」・「やる気にさせる」・

「悩んでいるのはあなただけじゃない」

etc

業界外の人にも十分読み応えのある内容になっている

 

最終章

テレビのなみだの部分は

それこそ何度も

鼻の奥をツーンとさせながら読み終えた

内容もそうだが

若かった頃の鈴木さんご自身が、当時の自分を振り返り

ー僕はなにもわかっていなかったー

と、何度も繰り返すこのフレーズに

心からの悔恨と

それがわかるようになった「今」に

至るまでの努力や

人間的な厚みも十分伝わってくる。

 

あとがきにある

「1の出会いが100を作る…」

わかる言葉のようで

そうできているか…

そうできるように出会いひとつひとつを大切にしているか…

となると

?な自分をあらためて自戒してしまう

 

放送の世界の端っこに身をおく者として

今年の最後にこの本に出合えてよかった

周りの若いスタッフさんにも是非よんでほしいなと思う

私の知り合いのスタッフさんで

もし読んでみたい方がいたら

連絡くださいませ♪

アマゾンより早く手渡しします!(笑)

 

 

 

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.