コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
リモート録音
記事本文

おば白の人気コーナー

「やさしいカウンセリング講座」の録音を

昨日、米沢にいる

金藤晃一先生と行いました!

内容上、アイコンタクトが欠かせず

電話ではなく

スカイプをつないでやってみました

 

結果、音声の微妙な間合いなど

課題はありましたが

次回は

それもクリアできそうです!

 

おかげさまで好評の

インスタにもアップしましたら

千葉県のリスナーさんから

金藤先生は

もっと痩せていて年を取っていると思った

との正直な感想が笑

 

先生におつたえしたら

「もっと痩せなきゃなんないですかね〜汗」とご返信ありました(笑)

段ボールに載っている先生〜

 

 

フォローお願いします〜

インスタグラムのアプリをインストールして

 

goto_noriko_non

または

後藤のりこ

で、検索!!

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
ラジオ文庫お稽古音声
記事本文

ラジオ文庫のお稽古音声を

ほんのすこしですが

インスタにアップしています!

5/21・5/22

 

翌日の収録模様も

レポしています

 

是非

インスタをご覧ください!

 

インスタグラムのアプリをインストールして

goto_noriko_non

後藤のりこ

で、検索!

フォローお願いします(^^)

 

ドイツスズラン

 

記事続き
タイトル
タイトル
そういえば…あにばーさりー?でした(笑)
記事本文

4/1

そういえば

アナウンサーになって

節目の年を迎えていました(笑)

 

でも、なにか変わるわけでもなく

相変わらず

マイクの前にいさせてもらうことが

ありがたく幸せです。

 

私の4/1の入社式は

猛吹雪でした〜

こんな温暖化になることも知る由もなく

小6からなりたかった

アナウンサーになれて

喜びと期待で小さな胸も膨らんでたな〜

入社式は緊張して

B5サイズの辞令を両方の手で震えながら

手にしたなぁ〜

 

それから

多くの方々にマイクを向けお話を伺い

多くの方々にマイクの前で話したことに

反応を頂き

田村から後藤になっても

名前を呼んでいただけています。

 

本当にありがとうございます!

 

新人時代に担当した番組名は

「ピッカピッカラジオギャル」

あれから幾年月

 

ギャルから「おばさん白書」です(笑)

予想もしなかったな〜〜

 

明日は、今年度最初の生放送で

マイクの前に座ります。

お便りお待ちしています

ちなみに

明日のテーマは

「うそ」です。

さすがおば白!

新年度最初から後ろ向きのテーマだし WW

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
39回目の桜
記事本文

20190421182953.jpg

 

IBC庭園の枝垂れ桜です。

樹齢160年余り

足元には

水芭蕉

 

1年で一番お庭が美しい

記事続き
タイトル
タイトル
いんすた映えするアイス
記事本文

昨日のワイドステーションでご紹介した

食彩工房さんから提供の

インスタ映えするアイスとして人気の

スイーツ

はこちら〜

DSC_0298.JPG

パイナップル

ココナッツ

スイカ

 

果汁そのものがアイスやシャーベットになっているので

とてもジューシーで

見た目もインパクトありますよね!

かわいい〜

 

DSC_0297.JPG

そこのおじさん!

インスタ映えしなくなるからっ!

どいてー!(笑)

 

記事続き
タイトル
タイトル
ただいまラジオ文庫練習中〜
記事本文

来週火曜日に、

6月分のラジオ文庫の収録があります。

 

本日と、明日は、

台本とにらめっこしながら練習中

 

来月分は

本所おけら長屋の「ゆめとき」

私のパートは19歳から老婆までの6役です

 

ICレコーダーに

こうかな?

どーかな?

と、録音しては聞き返すを繰り返しながら

練習しています。

(ちなみに大塚さんはカラオケルームで練習なさるんだとか?!)

 

4月から担当させてもらっていますが

現在放送中の5月分の「しおあじ」は

いきなり7役でした。

放送は、分散していますので

最大でも4役くらいの出番なのですが

収録は一挙にやるので

7役

5歳の男の子

15歳の女の子

22歳の若妻2人

37歳の女

42歳の女

У埖圓垢詈貎

を同時に読み分けなければならないので

かなり、やりがいがありました〜(汗)

 

ちなみに、本所おけら長屋になってから

これほど女性役が多いのは初なのだそーで

 

特に先週放送になった冒頭部分の

22歳の若妻二人の会話は

同い年の女性のやりとりのため

声の変化がわかるようにするには

どうしたものかと

かなりてこずりました〜

 

しかし

とてもやりがいがあります。

大塚さんとのお仕事も良い緊張感の中

させていただいています。

IBCラジオ

土曜日AM8:45〜と

   PM15:30再

を是非!聞いてみてください〜

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
ラジオのなみだ
記事本文

ラジオのなみだ

後藤のりこ著…

(笑)なんていう書籍はありませぬ(#^^#)

 

が、

日々ラジオをやらせていただいていると

エピソードがたくさんで、

まとめたら、

それこそ

1冊の”書籍”になってしまうかもしれないほどあります

 

今回のラジオのなみだは

今週のIBCラジオ「おばさん白書」の放送中

おもわずお便り読みながら

涙ぐんでしまった時のお話です

 

今週のおばさん白書は

今年最後の放送

毎年おば白は

年内最終週のテーマが

「あなたにとっての今年の漢字・文字・言葉」

となっています

 

ちなみに今年は

ラジソンの熱気さめやらぬわずか1時間後の生放送で

果たして、お便りはくるのか?

案の定

いつもの放送開始時間前の量の半分くらい・・・

あら、やっぱりね〜しかたないわよね〜

などと、ディレクターと話していたのですが

出足こそ鈍かった物の

結局、いつもの通りの大量の

(ちなみにここでいう大量とは、

あくまでも私にとっての

キャパシティオーバーということなんですが)

お便りをいただくことができました。

ありがたいことです

 

鳴り止まないプリンターの音

だんだん無口になるバイトちゃん…(笑)

 

今回のラジオのなみだは

バイトちゃんやスタッフの涙?

ちがいうちがう!

その、大量のお便りの中の1通による物です

 

お便りをくださったのは

49歳の男性

彼には、生まれてまもなく生き別れになった

お母さんがいらっしゃったそうです

その存在さえも忘れていた最近

突然「母危篤」という連絡が来たそう。

???がいっぱいの中

もちろんすぐにでも駆けつけたかったそうですが

場所がかなりの遠方のうえ、

仕事の休みの段取り等もあり

行けずに行く準備を整えていたところ

「亡くなった」という知らせがはいったそうです。

駆けつけて葬儀などには参列できたようですが

最後の入院先の看護師さんに

「笑顔がお母さんにそっくりですね」と言われ

生きて顔も満足に知らない母親だったけれどうれしかったと

書いてありました。

なので今年の自分の漢字は《母》ですと結んでいたのです。

 

看護師さんの言葉のあたりで

不覚にも涙ぐんで読んでしまいました。

 

涙ぐんでしまったのは

この男性の、

お母さんと会えなかった

残念なお気持ちに対してはもちろんですが

それにも増しての

この男性のお母さんのお気持ちを考えてのことでした

生まれてすぐの赤子を手放さなければいけなかった理由は

どんな事だったのでしょう…

49年ぶりに連絡がきたというのは

忘れていなかった証でしょう…

そしてもしかしたらですが

余命を悟り、

最後に息子に会いと勇気を振り絞って連絡をしたかった

思い続けていた

でも結局逢えなかった

お母さんの亡くなる時のお気持ちはどんなだったのでしょうか…

 

わずかな時間の中でひとこと私のコメントを言わなければならないのに

私の気持ちを語る言葉を探している間に

涙が先行してしまいました

(といってもこれはいつものことなんですけどね…

なので、おば白へのお便りはどれもこれも

私の実力を軽く超えてのキャパオーバーな

数と内容なのです)

 

ただただ涙ぐんでしまった…

なのでラジオのなみだなのです

 

アナウンサーなのですから基本的には

泣きながらしゃべったり読んだりは

避けたいこと 

してはいけない! に、近い

ですが、1年に1〜2度は

こんな風にオーバーランしてしまう私がいます

 

今年も多くのお便りに

人には言えない気持ちや

事柄を書いてくださったリスナーの皆様

本当にありがとうございます。

どうぞ来年も、

愚痴でも自慢話でも徒然な想いを番組にお届けくださいね

 

そうそう

ラジオのなみだには

笑いのなみだもたくさん有るんです!

 

浮気が奥さんにばれて、

丸刈りにされて許しを請うたお父さん

その後ご無事かしらん?(爆)

 

トイレを我慢しての

浜松町の高層ビルの会議室から

来ないエレベーター待ちやっと乗り

京浜東北にのり

東京駅を疾走し

ぎりぎりで盛岡行きの新幹線に飛び乗り

新幹線のトイレで至福の時をすごした男性様

ご報告もご丁寧にありがとね(笑)

 

だんなと喧嘩して家を飛び出し友人とヤケランチしてたら

だんなが一人ご飯食べにきて

しかも出口付近にいるもんだから

出るに出られずよけい腹がたった奥様

胸焼けしてませんか〜

 

ネットで知り合った見ず知らずの男性と一晩限りのお付き合い

なれど、その男性が、

回覧板廻す圏内に住んでいるよそのご主人だった…(驚)

なーんて話も!

 

等等 等々 etc etc etc etc・・・・・

 

今年もうれしかったこと

苦しかったこと

悲しかったこと

辛かったこと

楽しかったこと

びっくりしたこと

たくさんの想いを届けてくださってありがとうございます

そんなたくさんの想いを全てを過去にして

2016年が行こうとしています

 

新しい年があなた様にとっても私にとっても

きっとよい年になると確信しています

 

よいお年をお迎えできますよう心から願っています

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
IBC祭りマルコメブースでありがとうございました!
記事本文

昨日のIBC祭りの会場でお会いした皆様

 

お買い上げありがとうございました!

 

え?いたの??

 

って、おっしゃるのも無理はない〜

 

にPRする時間もなくおりましたので

 

皆さんから

 

「あれ?のりこさん?」

「え?なんでいるの?バイト??」

「わ〜TVより若い〜」←のりこおばさん拍手(笑)

 

等など様々なお声がかかりました。

 

そう!私は昨日半日、マルコメブースにおりまして

 

米麴から作っノンアルコールでノンシュガーの甘酒や

 

大豆から作った大豆のお肉

 

の試食販売のお手伝いをしておりましたんです〜

 

ま、人呼んで「キャンペーンギャル?」

 

って誰も呼んでないしーー

 

たくさんの方とお話しできて暑かったけど楽しかったです

 

ありがとうございます。

 

腕も首も日焼けでひりひりしますが

 

朝と昼に飲んだ冷たい甘酒のおかげか、

 

熱中症にはなりませんでしたし、夜もぐっすり

 

さすが飲む点滴!

 

今日もIBC祭り2日目

 

まずは、マルコメブースで甘酒飲んで

 

1日IBC祭りを楽しんでください♪

 

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
本日気合を入れて!!
記事本文
天候のせいなのか、

朝から、頭痛、肩こりで悩ましい体調…

そーいえば、ここのところマッサージに行けてなかったなぁ・・・

あーーしかし!本日は収録デー

11時から にっぽんの歌 10本
13時から やさいの気持ち 5本
15時から番宣CM 2〜3本
15時半〜やさしいカウンセリング講座6本
合計 24本・・・

こんな日はめったにないのですが、

1年に一度くらいこうやって重なってしまう日があるものです。。。

最優先するのは、お話をいただくお相手様のご都合
そして、スタジオの空き状況や
私のスケジュール
ディレクターのスケジュール

こういう調整項目多数なわけで、結果1日に集中することもあるわけです

集中…

問題は私の集中力〜

なので、

気合を入れて!!

と、なるわけです〜

それでは洗濯物干してから行ってまいりまーーす〜


温泉イキターい



 
記事続き
タイトル
タイトル
おばさん白書16年目スタート!
記事本文
本日 おばさん白書が満15歳を迎え

16年目がスタートします。

正確には4/7が誕生日ですが

新年度最初の放送なので今日をスタートとしています。

15年間、毎回毎回同じ気持ちでした

今日はお便りくるだろうか・・・

今日はきちんと(時間配分やスポンサードに)対応できるだろうか・・・

不安と緊張感を持ってマイクに向かって参りました。

15年間毎回です!と、言い切れるのは

毎週本当に自分でも嫌になるくらい

相も変らぬ同じ気持ちで日曜日の朝を迎えていたからです。

ここまで続けてこれたのも

何よりお聞きいただいているリスナーの皆様のおかげ。

特にもお便りを下さるリスナーの皆様には本当に感謝です。

お便りだけがたよりです〜と言い続けて15年たちました。

おば白は、番組前日までに下読みをすることができません。

当日のある意味ぶっつけ本番

どきどきわくわくでお便りを読ませていただいてきました

本当にありがとうございます


そして、日曜日、主婦と母業の半分放棄を許してくれた家族たちと

ずっと支えてくれたスタッフのおかげです。

私一人が出演していますが

裏でのスタッフの準備や対応は大変なものがあります

15年携わったすべてのスタッフにありがとう。

あれ?なんだか終わるみたいな感じになってません??(笑)


15歳

人間なら思春期真っ只中

つまりまだまだ”アオイ”のです

16年目も共に番組を創って参りましょう〜

それでは本日も行ってまいります〜


記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.