コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
雪組 壬生義士伝
記事本文

今朝 高松の池をお散歩してきました。

20190424101056.jpg

私のお気に入りの桜の木

満開まであと少し

とても綺麗です

 

高松の池にはこんな

立て看板があります。

20190424101019.jpg

そう!

壬生義士伝

といえば、

浅田次郎さんのベストセラーで

ドラマや映画で大ヒットしました。

 

今年宝塚雪組で

兵庫の宝塚劇場と

東京の宝塚劇場で

上演されます。

先日、TVで

制作記者会見を視たのですが

「南部讃歌」というオリジナルの歌の歌詞が

中津川だの、盛岡だの

石を割って咲く桜だ

のって、

歌にもセリフにも

岩手・盛岡が満載なのです。

 

トップの望海風斗(のぞみふうと)さんは

主役の吉村貫一郎を演じるのですが

盛岡弁に四苦八苦とお話ししてました。

自然な盛岡弁が出るようにみんなでお稽古していますと

話されて

なんだかうれしくくすぐったい思いです。

 

ちなみに

望海風斗さんは

私の一押しの

花組の明日海りお(あすみりお)さんと同期

お二人とも

宝塚音楽学校の時から同室

今や、

明日海さんは花組トップ

望海さんは雪組トップ

で、宝塚歌劇団をささえていらっしゃいます。

 

しかし

以下の写真は全て同じ人(望海風斗さん)

吉村貫一郎↑

 

ファントム 

エリック ↓

DSC_0082.JPG

 

20世紀号に乗って

オスカー↓

DSC_0061.JPG

 

誠の群像

土方歳三↓

DSC_0083.JPG

みんな

望海さんの写真ですが

役柄で別人のように作りこんでくる

ジェンヌさんのプロ意識は

すごいと思います〜

 

*********************************

 

以下 参考

 

【宝塚大劇場/東京宝塚劇場公演】

雪組公演 《主演》望海風斗、真彩希帆


かんぽ生命 ドリームシアター 幕末ロマン

『壬生義士伝』
〜原作 浅田次郎「壬生義士伝」(文春文庫刊)〜

脚本・演出/石田昌也

2002年にドラマ化、そして2003年に映画化され大ヒットを記録した、浅田次郎氏のベストセラー小説「壬生義士伝」が、宝塚歌劇で舞台化!
幕末、南部藩の下級武士として生まれた吉村貫一郎は、貧困にあえぐ家族を救う為に妻・しづを残して脱藩し、新選組隊士となる。朴訥な人柄でありながらも北辰一刀流免許皆伝の腕前を持つ貫一郎は、金の為、ひいては盛岡に残る妻子の為に危険な任務も厭わず、人を斬り続ける。しかし時代の流れには逆らえず、新選組は鳥羽伏見の戦いで敗走。隊士達が散り散りとなる中、深手を負った貫一郎は何としても故郷への帰藩を請うべく大坂の南部藩蔵屋敷へと向かうのだが、そこにいたのは出世し蔵屋敷差配役となった竹馬の友・大野次郎右衛門だった…。
宝塚歌劇でも新選組を題材とした作品は過去に多く上演しておりますが、これまでとは全く異なる視点から描かれる新選組の物語となります。近藤勇、土方歳三、斎藤一、そして沖田総司・・・新選組の名だたる隊士が一目おいた田舎侍・吉村貫一郎。武士としての義、家族への愛、そして友との友情という人間ドラマが凝縮されたこの作品に、望海風斗率いる雪組が新たな挑戦をいたします。


かんぽ生命 ドリームシアター ダイナミック・ショー

『Music Revolution!

作・演出/中村一徳

世界各地の人々の生活の中で生み出され、育まれてきた「音楽」――
「音楽」は古来より人々にとって身近なものであると同時に尊いものであり、多くの人々にときめきや喜び、そして希望を与えてきました。
ジャズ、ロック、ラテン、ポップス、クラシック・・・「音楽」には様々なジャンルがありますが、本作品ではその中での代表的なジャンルの「音楽」の起源から今日に至るまでの発展をテーマに、「音楽」の持つ美しさと素晴らしさをダイナミックにお届けいたします。豊かな表現力を持つ望海風斗と真彩希帆の歌声に、雪組生が一丸となってハーモニーを奏でることでセンセーションを巻き起こす『Music Revolution!
』にご期待下さい

 

 

宝塚大劇場
2019
年5
月31
日(金)〜7月8日(月)
<一般前売 2019年4月27日(土)>

東京宝塚劇場
2019
年7
月26
日(金)〜9月1日(日)
<一般前売 2019年6月30日(日)>

記事続き
タイトル
タイトル
花組ッ!サイコー‼
記事本文

タイトルでお察しの方もいるかもしれませんが

春休みを頂いて

行った先の一つは

もちろん(^^)

東京宝塚劇場

20190419075747.jpg

 

昨年秋のメサイアからぞっこんの

「花組」

CASANOVA(カサノバ)を観劇してましりました。

しかも2日も!チャンスがあり♪

DSC_0069.JPG

line_1555043188816.jpg

 

お買い物も

line_1554806973778.jpg

私の推しメン 花組トップスター 明日海りおさんのグッズ諸々

 

 

お食事も楽しみました

1555255145696.jpg

日比谷シャンテ 栗原はるみカフェ

 

 

そうそう

2日目の観劇の時

なんと、偶然にも

娘の大学時代のお友達が

長野からお母さまといらっしゃってることが判明(驚)

劇場内エントランスで

急遽PTAのご挨拶(汗)

 私「娘がいつもお世話になっております」

 娘友母「いえいえいえ、こちらこそ!」

 私「いえいえいえいえ、そんなこちらこそ!」

 娘友母「そんなそんなこちらこそ!」

 私「そんなそんなそんなとんでもない!こちらこそ!」

・・・・エンドレス(爆)

 

「お母さんどうし、おじぎばかりしてるからその距離1センチで

頭がぶつかりそうでひやひやしたわ(笑)」と娘A


 

20190419081801.jpg

↑ イベントにも初参加

 

1555254842692.jpg

↑ あたあたあた…!当たってしまった!!

  サイン付きチラシが(喜)

  チョーラッキー♪

 

今回はヅカ充(宝塚で充電)もできましたし

他、様々、初体験もできて

とってもリフレッシュできました。

お許し下さったスタッフ他

仕事の関係者様に感謝です。

みなさん、ほんとにありがとう!!

(春休みと称してまさか入院してるんじゃないでしょうね?

と、心配かけてしまった同期。ごめんね。でも心配嬉しかったです)

 

他、諸々所要もあり

いや〜歩いた歩いた

東京って岩手にいる時より歩きますね

まだ足が痛し…

ここからしばらくはおとなしくしていますです(^^;

 

記事続き
タイトル
タイトル
20世紀号に乗ってきました!
記事本文

東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11F)

ブロードウエィミュージカル

宝塚雪組「20世紀号に乗って」を

観劇してまいりました♪

DSC_0061.JPG

1月のファントム(雪組)とは真逆の

ノンストップコメディで

3時間笑い続けてきました!

DSC_0059.JPG

しかし

トップの望海風斗(のぞみふうと)さん

トップ娘役の真彩希帆(まあやきほ)さん

DSC_0063.JPG

歌旨すぎコンビは

歌で

ファントムであれだけ泣かせて

今度は笑わせて

と、

すごいな〜と思います。

また、大胆に見える動きの中に細やかな演技が

必要なんだとわかった気がします。

 

他の組子さんたちの演技や

タップダンスの技も光りました。

私は本格的なタップダンスの、

特に群舞は初めて観たので

感銘ひとしおです。

しかも!歌いながらのタップ!

まばたき出来ずに見入ってました♪

 

あ、今年に入って雪組さん観劇(間にライビュで星組も)

が続いておりますが

私は、花組さん押しでーす♡

 

久々に娘たちとランチもできて

充実の1日でエネチャージできました!

20190408085119.jpg

↑ 渋谷のパエリア専門店のパエリアコース  

  パエリア好きなので美味しかったです

 

ああ〜

それにしても

学生時代の思い出が詰まった渋谷駅

十数年ぶりに駅界隈を歩きましたが

再開発が進んでて

ここはどこ??でした〜

 

記事続き
タイトル
タイトル
ファントム観てきました!
記事本文

DSC_0026.JPG

東京宝塚劇場で

雪組公演

ファントム(オペラ座の怪人)

を観てまいりました!

 

連日105%の入りとかで

立ち見も多いこの公演

CGとのコラボや

豪華なセットもさることながら

なんといっても

歌声に定評がある

トップスター望海風斗(のぞみふうと)さんの

圧巻の歌声が

会場いっぱいに溢れまくり

2000人の観客が

シーーーー--------------ーーーーン…

と見入ってしまいます!

 

悲しいお話ですすり泣きも聴かれる中終わるのですが

エンディングの

キラキラのショーは

THE TAKRAZUKA‼

彼女たち

毎日

3時間ずつの公演を

昼夜昼夜

兵庫の大劇場と併せて

約3か月間

こなしているかと思うと

プロのアスリート並みの体力と

変わらぬ歌声に

日々の厳しい鍛錬が垣間見られ

私もあまえてはいられないと

襟を正して帰りました。

 

日本のみならず

ブロードウエィやロンドン

もちろんパリのオペラ座でも

立派に通じるであろう

すごい迫力の公演でした

2/10まで東京宝塚劇場でですが

チケット入手はかなり困難なのが残念…

 

1幕前

DSC_0029.JPG

2幕幕間

DSC_0033.JPG

記事続き
タイトル
タイトル
舞浜でDelight Holiday♪
記事本文

11/30 宝塚 花組 トップ

明日海りおさんのコンサート初日チケットが

”奇跡”の当選!

(当選と言っても懸賞などに当たったわけではなく

購入の権利が当選したということなんです。

チケット代はちゃんと支払って行きました。

今、宝塚のチケットは人気が高くて

入手がなかなか大変なんです…)

 

お友達といそいそと出かけてきました〜

 

とっても良い天気

 

宝塚歌劇団にとっても初会場の

 

舞浜アンフィシアター

DSC_0636.JPG

DSC_0637.JPG

収容人数2170名ですから

岩手で言うと県民会館より

少し大きめの会場なのですが

客席はすり鉢状で

その底にある

せり出した300度くらい?

の円形ステージは圧巻!!の迫力!

 

もちろん

コンサートも

みりおさん含め花組の18名の組子の皆さんも

エネルギッシュで

最高の盛り上がりでした〜

 

あ〜〜

これでしばらく生きられるっ!

と、お友達と帰路へ…

夢の国で

夢みたいな初日ライブ

 

楽しかったです〜^^

 

ちなみに、バラエティ豊かな曲目の中

♪U.S.A も歌って踊ってだったのですが

そのクオリティの高さはもはや芸術レベル!

さすが!でした♪

 

DSC_0634.JPG

道案内のようにあちこちにフラッグがありました

20181202103140.jpg

花組の皆さんのメッセージサインのツリー

 

まさに私にとってのDeilight Holidayとなりました(^^)

 

記事続き
タイトル
タイトル
お休み満喫してきました
記事本文

10/2は東京に行ってきました

 

ランチは

line_1538455987611.jpg

おいしゅうございました♡

 

そしてお目当てはここ!

そう!東京宝塚劇場〜

むすめAが大好きなので

去年から今年にかけて

月組

雪組と、

きて

今回は

花組 MESSIAH(メサイア)−異聞・天草四朗ー

もう!最高!でした!

超一流の

歌!踊り!お芝居!演奏!照明!衣装!舞台美術!諸々〜

なんといっても

トップの明日海りおさん(以下みりお様)に

すっかり魅了されて帰ってきました(^^)

 

一幕始まる前

1538975536897.jpg

お芝居の後はショーなんですが

これがもう

キラキラで!

二幕めの始まる前

1538975541076.jpg

みりお様のお姿をおいかけ

おめめにもキラキラをたくさん埋め込んできました

 

いのちの洗濯とは

このことですね!

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.