コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

記事

タイトル
タイトル
ウズベキスタン
記事本文

娘Bが

1か月と5日

仕事で

ウズベキスタンに行き

ようやく

昨日帰国しました

 

家族一同ほっとしました

 

田舎者の我が家で

こんなに長期間

外国で仕事をする人なんて

家族の中では初

なので

みんなで行く前には

心配し

そのうち

いろいろ刺激され

そして今や

来年は皆で観光しに行きたいね

となってしまっています

20180602094315.jpg

だって親日国らしいのです

これは歴史に詳しい人に聞いた話ですが

第2次世界大戦でロシアに抑留された人の中で

ウズベキスタンにも移送された

兵隊さんがたくさんいたとかで

その時建てた建物などに

現地の人たちは今も感謝している人もいるんだそうです

なので日本人墓地もあるくらい

 

物価も安く

シルクロードの中間地点だけあって

上質のシルクと皮が破格ということでした

20180602094442.jpg

 

20180602094456.jpg 

 

そうそう先日は

イモトアヤコさんが

TVのロケで

ウズベキスタンの世界遺産・サマルカンドで

モー娘。の曲にのせて

踊ってました(笑)

20180602094408.jpg

 

20180602094601.jpg

当初は

ウズベキスタン

ってどこ??

から始まった我が家

試しに

職場の人数人に聞いてみても

どこ?

っていうリアクションで

知っている方はいませんでした

 

「アフガニスタン、カザフスタン等

 タン、タンつく国のあの辺のひとつですよ〜」

と、私もかなり適当に答えると

次に必ず返ってくる質問が

「危険じゃないのか?」

でした。

 

家族もそこは心配したのですが

およそ30人くらいの大所帯の仕事ですから

一人で外出する時間もないだろうし

その辺はお任せして

あまり心配はありませんでした。

 

20180602094532.jpg

 

 

そして

驚いたのが

LINEもスムーズで

写真や動画も

サクサクきます。

海外行っても大丈夫だとしても

まさかここでも!?と驚きでした

20180602094648.jpg

時差は4時間日本が朝7時だと

あちらは午前3時くらいで

時差ボケもなし

成田から9時間で到着するのですから

最果ての地も近くなりましたね

20180604074634.jpg

この1か月余り

毎日、

ウズベキスタンという言葉が

口から出ない日はなく

もはやお経ね(笑)と家族で

唱えていましたので

今も【ウ】という音を

聞くと

ズベキスタン

と続けたくなります(笑)

 

興味のある方は

ググってみてくださ〜い

 

20180602094954.jpg

     

 

20180604074322.jpg

all photo by 娘B

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
気になった言葉
記事本文

最近

ラジオで聴いた初耳の言葉

 

「老前整理」

 

DSC_0562.JPG

 

老後

ではなく

老前

 

意味は見てわかりますよね〜

 

老前…

 

最近JK=準高齢者

って

話してた私

 

JK=老前かっ?!

 

なんだ

私も入ってるんじゃん(^^;

 

他人事のように聴いていて

思わず

くすって

笑ってしまった言葉です

 

ででで

老前とはいったいいくつから?

 

ひろーいくくりで言えば

小学生だって老前よねww

な〜んて

あほなことは置いといて

ずうずうしことに

本人自覚があまりなかった

老前JKでした♪

DSC_0563.JPG

 

番組の内容は

体力・気力

のあるうちに

物を片付けましょう

という

内容

ヒシヒシと

身に沁みながらしばし聞いておりました

 

記事続き
タイトル
タイトル
最近お気に入りの文章
記事本文

最近読んだ本の中で

久々に

感銘を受けた文章があります

それは

 

もし今朝あなたが目覚めたとき、

病気でなく健康だと感じることができたなら

あなたは

今週生き残れないであろう

百万人の人たちより恵まれています

 

もし冷蔵庫に食料があり

着る服があり、

頭の上に屋根があり、

眠れる場所があるなら

あなたは

この世界の75%の人よりも

裕福で恵まれています

 

もし銀行に貯金があり

財布にお金があるなら

あなたは

この世界のなかで

上位8%の裕福なひとの中に入っています

 

もしあなたが微笑みをたたえて頭を上げ

心から感謝しているなら

あなたは恵まれています

なぜなら大多数のひとは

それができるにもかかわらず

やらないからです

               ―作者不詳

 

私たちは

日常の生活の中で

常に

様々な分野で

「欠乏感」を抱えて生きていると思います

 

その

欠乏感は

不満や不安につながり

ストレスとなっていくのではないでしょうか

 

そっか…

私は

世界の人々の中では

裕福で恵まれているんだ

あらためて自覚した次第

そしたら

なんだか

ゆったりとした気持ちになれました

 

現状に心から感謝しまず満足する

そのうえで

もっと欲しい

と願うのはとても健全だと思い至りました

20180512083920.jpg

20180512083858.jpg

記事続き
タイトル
タイトル
こんなに寒かったのに・・・
記事本文

DSC_0450.JPG

写真は

2月末の

在りし日の(笑)高松の池の水面?氷面?

白鳥さんも

凍り付いていたのに

あっという間に

だいぶ溶けて来ました

今朝見回りに(ウオーキング)行ったらば

はばたきの練習をしていましたよ〜

 

北帰行 そろそろ本格的になりますね!

記事続き
タイトル
タイトル
ちいさなちいさな朗読会
記事本文

2/17 二戸の全校生徒21人の

小学校で

朗読会をさせていただきました

DSC_0040.JPG

読んだ作品は・・・

”国語の教科書”です

1年生から6年生までの国語の教科書をお借りして

作品を選び

練習し、聴いてもらいました

DSC_0054.JPG

これは

以前から私がずっとやりたかった朗読

国語の教科書は

実はとてもよい図書作品ばかり!

勉強として取り組む以外にも

意外な作品の味わいがあることをかんじてもらえればと

思い、こちらから申し出たものです

 

当初

私は子どもたちと教室で車座になって

を想定していたのですが

当日は学校のPTA行事!という

オオゴトになっていて少々めんくらいましたが

子どもたちや教職員のみなさんと保護者の方々が

じーっと耳を傾けてくださいました

DSC_0038.JPG

 

《すてきな朗読とためになるお話、ありがとうございました。
子どもたちにとって、勉強の対象でしかなかった教科書の教材文が、

本当は、とてもすてきな文学作品なのだということに改めて気づかされました。
子どもたちも、もっともっと聞いていたかったようです。》

 

という

ありがたい感想までいただき

こちらが感激して帰ってきました!

 

最後はみんなで

「雨にもマケズ」を群読

DSC_0066.JPG

 

子どもたちの

目をきらきらさせながら聞いてくれる表情は

まるで

天使!!

ピュア光線がまぶしくてまぶしくて

おばさん感激(^^)

DSC_0063.JPG

たった一人の1年生ちゃん

かわいくてかわいくてしかたがありませんでした

 

また

こんなボランティアができたらな〜としみじみ思います

 

ありがとうございました


 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
弾丸!?神様詣で
記事本文

1/31〜2/1にかけて

こちらに行ってまいりました

20180202081830.jpg

この大きな国旗(畳70畳以上)でわかった方は

いらしたことがある方でしょうか・・・

そうです!

DSC_0410.JPG

島根県の縁結びの神様 

出雲大社です

縁結びとは

男女だけではなく、仕事やお金人間関係万物のご縁

と、教えていただきました

DSC_0412.JPG

 

どうしても行きたいという娘Bに

ずるずるひっぱられるようにして

岩手から約1300キロの道のりを

すたこら行ってきましたが

いやはや

どこもかしこも

超大物スターの神様ばかりで

パワースポットだらけ

20180202081440.jpg

しかし

わたしにとってのパワースポットは

もうひとつ・・こちら

20180202081957.jpg

そう!竹内まりやさんのご実家の旅館「竹野屋」さん

宿泊先ははからずもこちらだったのですが

偶然に感謝して満喫してきました

20180202082042.jpg

20180202082153.jpg

すみませ〜ん(笑)↑

 

DSC_0408.JPG

DSC_0401.JPG

お料理も風情もとても居心地よかったですよ♪

 

たくさんの不思議なご縁をいただいた一泊二日の旅でした

20180202081727.jpg

神様が上がってくる入り口という

日本遺産 いなさ海岸の夕景

 

 

遅ればせながら

今年も気持ちも新たに進んでいこうと思います

記事続き
タイトル
タイトル
2018あけましておめでとうございます
記事本文

DSC_0336.JPG

  謹賀新年

今年もよろしくお願い申し上げます

 

新年早々

イオン盛岡からの生放送には

たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました

DSC_0349.JPG

スタッフ一同御礼申し上げます

 

ただいま

つかの間の

お正月休みです〜

DSC_0350.JPG

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
サムイ サムイ
記事本文

DSC_0320.JPG

薄い氷の上に

カモさんたちが

乗っかってます♪

1,2,3、・・・

何羽いるでしょう?

 

手前の氷も入れて17羽?!

記事続き
タイトル
タイトル
一足お先に・・Trick or treat!
記事本文

20171014155532.jpg

本日

魔女になってみました!

って

もう、とっくに中身は魔女??

20171014155607.jpg

キョンシーも

 

20171014175932.jpg

パンプキン大魔王様も!

 

って

これは何かと申しますと・・

 

ピアノとエレクトーン教室の発表会の司会ナンザマス♪

 

遊び心満載の楽しい教室の発表会

 

カレコレ

31年間司会をオオセツカッテイマス(^0^)

記事続き
タイトル
タイトル
人生 フルーツ 再び
記事本文

フォーラム盛岡で上映中の

映画、人生 フルーツを観てきた

3月に東京で観てから2回目となる

 

*3月の感想などはこちら

http://blog-noriko.com/?eid=696

 

 

今回はじっくりと

樹木希林さんのナレーション(NA)を

聴かせていただいた

最初感じた疑問の

「風が吹けば枯葉が・・・」のフレーズは

同じように読んだのか、それとも・・・

については

違って読んでいたように思えた

そもそも

あまり小細工などせず

その場に合わせてお読みになったのね…

と、きわめて基本的なことに想いが至った。

 

今回はパンフレットを購入し

ディレクター氏やプロデューサー氏の

製作日誌も読んだのだが

1回目のときに思ったとことや感じたことが

やっぱりね〜

そーよねーと

様々符合してより作品が味わえた

 

たとえば…

奥様が作った美味しそうなお菓子が

これでもかこれでもかと

次々と出てくるのだが

どう見てもお二人分の量ではなく

あきらかにスタッフの分も考えての大きさだし

ちらっちらっと

画面の片隅に見える食器も複数積み重ねられていた

スタッフへのお心遣いが見えるなーと

感じていたが、

やはり、撮影の3〜4時間は食事やお茶の時間だったとあった

 

軽快なオリジナル音楽もピッたりで心地よく

音響も、常にさりげなく小鳥のさえずりが入っているのが

全編をマイナスイオンで包み込んでいるかのようだ

風の音も効果的だった。

およそ2年間の撮影に関しては

カメラマンの方と

「撮らない勇気」を持って臨んだとある

これってすごい!(そしてちょっとうらやましい)

 

よくこんなシーンを撮影させてくれたと

前回のブログで書いたのは

ご遺体の部分

30秒という、

かなり長い時間きっちり映し出す勇気に

固唾を呑んだ。

製作日誌にも書かれていたが

タブー視される「死」を逃げることなく撮影したというから

お二人との信頼関係や

スタッフの半端ない意気込みも伝わってくる。

(上映されていないが焼き場や葬儀も撮らせてもらったという)

 

盛岡での公開前に

勝手にアチコチにお勧めしていた

5%くらいの人は何も感動しなかったと話された

残りの方々は

その方の今の位置にぴったりフィットしたみたい

 

 

製作日誌にからお借りし要約すれば

「年をとる事をネガティブに伝えることが多いご時勢

超高齢化社会、老老介護、貧困老人、孤独死…等

でもどこかにお手本となるような

人生の師はいないかと探していて

津端御夫妻に出会った」

この映画の感動ポイントはまさにそこなのでは

と思える

 

英子さん

今月は3回忌を迎えられたのですね…

今日も美味しい手料理を

仏前にお供えなさっていらっしゃるのだろう

 

コツコツゆっくり…

 

私の「呪文」になりそうだ

 

 

 

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.