コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
IBCTV「啄木と女たち」全国放送へ!
記事本文

昨年10月IBCTVで放送し

 

私がナレーションを務めた

 

「啄木と女たち」が

 

5/23全国放送されます。

 

と、いっても地上波ではなく

 

TBSニュースバード(スカパー!や全国のケーブルテレビ)にて

 

5月23日(火)よる11時から放送となります。

 

加入なさっている方は

 

是非ご覧ください。

 

担当したナレーション部分は

 

周囲から誉めていただいた作品なので

 

私もありがたく思います。


 

記事続き
タイトル
タイトル
5/24〜6/14のスイスイは久慈長内店♪
記事本文

5/24〜6/14のスイスイサンデーは久慈長内店からです

 

 

車の・・?は、ベテラン梅木氏

じょそーざい は、2年目のやわたまみこさん

苦手なブルブル〜草刈機は2年目の有川氏

黒い塊なのにオレンジの香り〜

玉川氏

 

そして久しぶりのロケメシをご紹介しまーす

お蕎麦定食

いっけんなんのヘンテツモ無い??

だけどー

おにぎりのデカサといったら?!

衝撃的!!

私は、小さいサイズでも半分スタッフに食べてもらいました

挑戦した男性3人は完食!

 

記事続き
タイトル
タイトル
今朝また♪
記事本文

我が家の”さぼちん”

次々開花です♪

 

記事続き
タイトル
タイトル
ただいまラジオ文庫練習中〜
記事本文

来週火曜日に、

6月分のラジオ文庫の収録があります。

 

本日と、明日は、

台本とにらめっこしながら練習中

 

来月分は

本所おけら長屋の「ゆめとき」

私のパートは19歳から老婆までの6役です

 

ICレコーダーに

こうかな?

どーかな?

と、録音しては聞き返すを繰り返しながら

練習しています。

(ちなみに大塚さんはカラオケルームで練習なさるんだとか?!)

 

4月から担当させてもらっていますが

現在放送中の5月分の「しおあじ」は

いきなり7役でした。

放送は、分散していますので

最大でも4役くらいの出番なのですが

収録は一挙にやるので

7役

5歳の男の子

15歳の女の子

22歳の若妻2人

37歳の女

42歳の女

У埖圓垢詈貎

を同時に読み分けなければならないので

かなり、やりがいがありました〜(汗)

 

ちなみに、本所おけら長屋になってから

これほど女性役が多いのは初なのだそーで

 

特に先週放送になった冒頭部分の

22歳の若妻二人の会話は

同い年の女性のやりとりのため

声の変化がわかるようにするには

どうしたものかと

かなりてこずりました〜

 

しかし

とてもやりがいがあります。

大塚さんとのお仕事も良い緊張感の中

させていただいています。

IBCラジオ

土曜日AM8:45〜と

   PM15:30再

を是非!聞いてみてください〜

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
映画 人生 フルーツ 盛岡でも公開♪
記事本文

昨日、盛岡フォーラムに映画を観にいきましたらば

 

まもなく公開の映画のポスターの中に

 

なんと!

「人生 フルーツ」のポスターを発見!!

 

やった〜と小躍りしてしまいました!

 

公開期間は短いでしょうが

必ず観にいきます!

 

地味といえば地味なドキュメンタリー映画ですが

滋味あふれる内容なのはまちがいなく。

多くの方に推すめしたい映画です〜

 

公開時期等

またくわしいことがわかったら

私からもお知らせしますね!

記事続き
タイトル
タイトル
いつもの桜♪
記事本文

IBC庭園の枝垂れ桜です

 

今年も

ひっそりと

そして

気高く

咲いています

記事続き
タイトル
タイトル
HPちょっことリニューアルしました♪
記事本文

HPの講演・研修部門をちょっことリニューアルしました(^^)

 

よかったら

 

ご覧ください

 

http://goto-noriko.jp/lecture.html

記事続き
タイトル
タイトル
奇跡のサボテン、今朝!
記事本文

今朝、開花しました〜!!

 

本当にうれしいです♪

亡き母が40年間大切していたサボテン

 

あきらめてた2016昨年春

 

サラダファームさんにお預けして4ヵ月後の

10月末

 

そして今年の2月末

で、昨日

 

これがっ!

  ↓

今朝

これ!ですもの♪

奇跡!です〜

 

サラダファームさん

特に山さん

本当にありがとうございます!

記事続き
タイトル
タイトル
4/26〜5/17のスイスイは花巻南新田店から
記事本文

4/26〜5/17までのスイスイサンデーは

 

花巻南新田店からです

 

今回はおなじみのこの方!

お花といえば照井さん

ラジオにも問い合わせのあった

アレをおしえていただきました!

 

そして

初登場のこの方は

とっても良いお声〜

合唱をやってたそうです

簗田さん

 

そして

草といえばの久保さん

 

前回は防災グッズだった千葉さんも入って

男性陣ずらりです

どうぞお楽しみに!

 

そして春は別れの季節

おばさん白書の公開放送などでもお世話になった

サンデーの偉い人の一人

佐藤地区長も

ご栄転で福島に赴くということで

なんと!おばさんお花をいただいてしまいました!

逆なのにね!

お世話になりました〜

お元気で!

 

この花束はもちろん照井さん制作です

記事続き
タイトル
タイトル
人生 フルーツ
記事本文

『人生 フルーツ』とは

ドキュメンタリー映画のタイトルだ

 

 

IBCのTVディレクターから勧められていたのと

ナレーターの樹木希林さんのナレーションを

古舘ANが絶賛していたこともあり

ナレーションの勉強のつもりもあり

以前からずっと観に行きたかった映画だ

 

ようやく先週、所用で上京の際、

東中野の小さな映画館「ポレポレ東中野」で

観ることができた

 

 

何年ぶりだろう・・

流れる涙を自己コントロールできずに映画を観たのは!

何十年ぶりかもしれない

 

 

私が観た映画館ポレポレ東中野は

100席あるかないかの小さな映画館

その小さな映画館の地下に続くらせんの階段通路からは人があふれ

映画館前の道路にも長蛇の行列!!

10:30という時間帯もあってか

圧倒的に中高年以上のみなさん

私もぽかぽか陽気の中、列に並ぶ

案の定満員で座席はうまり

パイプ椅子を並べ

それでも足りず、最後は

館内の階段に小さな座布団を敷いて観てもらうしまつ

 

そしてもう一人列に並んだ

しぶしぶ付き合った我が家の次女28歳

行列にびっくりし

聞いてきた

 

次女「すごい行列!!どんな映画なん?」

私 「90歳のおじいさんと87歳のおばあさんご夫婦の

   ドキュメンタリー映画

   としか、お母さんも知らないのよ」

次女「え?!おじいさんとおばあさん??

   んもう!そんな映画なん!!

   私半分徹夜だから寝てるからよろしくね!」

 

ま、しかたがない

次女は、このあと一族で集まって食べる予定の

叙々苑の焼肉めあてで映画に付き合ったのだから

 

その次女も

後半は、え?!・・と絶句し

お母さんは知ってたの?と低い声で聞いてきた

もちろん私も知らないストーリー展開・・

結局次女はそこから最後までタオルハンカチで顔を覆い

流れる涙を止められず、

私も自分のあふれる涙を自己コントロールできない

私の隣で一人観に来ていたらしい女性は

しゃくりあげての嗚咽だし

会場からはすすり泣きが聞こえ

しーーーんと空気がはりつめる・・

皆どうしてよいのかわからないという感

おなじ物々たちが

草木が

まったく違って見えてくる

迫ってくるといってもよい

 

樹木さんのナレーションは

思ったよりすくなく

意外だったが

なんどかくりかえされるフレーズ

「風が吹けば枯葉が落ちる。

 枯葉が落ちれば土が肥える 

 土が肥えれば果実が実る  

 こつこつゆっくり

 人生、フルーツ。」

は、シーンによって違って聴こえる


通常NAをするであろう場面も音楽とテロップが流れ
それでもキチンと流れが理解できるようにつくられていたし
何より、希林さんのNAは
同じフレーズが出てきても
同じに聴こえないのがすごいと思った
毎回同じようにお読みになったのか
またはシーンで微妙に変えるように読んだのか・・
私なら、変えて読みそうだが
あえて変えずにお読みになったのかもと思ったりしている

 

樹木さんのナレーションは

音ではなく

まぎれもなく「人の声」であり

声に人生が滲み出ている

私もいつかそんな風なナレーションができるようになりたい〜

と目標にもなった

 

制作者の

東海テレビさんは

ゆっくり丁寧に暮らすご夫婦の日常を

丁重に丁寧に撮影していた

よくこんなことまで撮影させてくれたな〜という

驚きのシーンからも(あえて内容にはふれないでおきますね)

制作側とご夫妻の信頼関係も伝わるし

何よりご夫妻の潔いこだわりのない性格も伝わってきた

 

次女は

映画鑑賞後

「お母さん、もうムリ!

人生フルーツひきずる〜」とうわごとのように話し

帰りには、映画館の階段壁の評価も思わず写真におさめていた

 

そして最近も「人生フルーツ、もはやトラウマだわ(笑)」と

ラインしてきた

そう・・

観終わって

ずっと、ご夫妻の生き方を反芻してしまう

私もそうだもの

 

人生、フルーツ

の意味がようやく理解できたきがしている

くわしく書くとご覧になっていない方にストーリーの先取りをしてしまい

失礼かとおもうので書けないが

生きること

生き続ける事

そして

・・・

そのことによってゆっくり実らせる果実は

人生にたとえられ

熟していく

 

 

全国で上映されているが

多くは無い

東北は、各県で上映館もあるが

残念ながら岩手県はゼロ

ぜひ

HPなどで検索してご覧になってみてください

(DVD等はいっさい発売しないそうです)

 

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.