コンテンツ
ヘッダ

のりこの♪ホウレン想

★ホウコク★レンラク★徒然想★人★アナウンサー
★子ども&家族★ワンコ★ゴハン★日々

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
人生 フルーツ
記事本文

『人生 フルーツ』とは

ドキュメンタリー映画のタイトルだ

 

 

IBCのTVディレクターから勧められていたのと

ナレーターの樹木希林さんのナレーションを

古舘ANが絶賛していたこともあり

ナレーションの勉強のつもりもあり

以前からずっと観に行きたかった映画だ

 

ようやく先週、所用で上京の際、

東中野の小さな映画館「ポレポレ東中野」で

観ることができた

 

 

何年ぶりだろう・・

流れる涙を自己コントロールできずに映画を観たのは!

何十年ぶりかもしれない

 

 

私が観た映画館ポレポレ東中野は

100席あるかないかの小さな映画館

その小さな映画館の地下に続くらせんの階段通路からは人があふれ

映画館前の道路にも長蛇の行列!!

10:30という時間帯もあってか

圧倒的に中高年以上のみなさん

私もぽかぽか陽気の中、列に並ぶ

案の定満員で座席はうまり

パイプ椅子を並べ

それでも足りず、最後は

館内の階段に小さな座布団を敷いて観てもらうしまつ

 

そしてもう一人列に並んだ

しぶしぶ付き合った我が家の次女28歳

行列にびっくりし

聞いてきた

 

次女「すごい行列!!どんな映画なん?」

私 「90歳のおじいさんと87歳のおばあさんご夫婦の

   ドキュメンタリー映画

   としか、お母さんも知らないのよ」

次女「え?!おじいさんとおばあさん??

   んもう!そんな映画なん!!

   私半分徹夜だから寝てるからよろしくね!」

 

ま、しかたがない

次女は、このあと一族で集まって食べる予定の

叙々苑の焼肉めあてで映画に付き合ったのだから

 

その次女も

後半は、え?!・・と絶句し

お母さんは知ってたの?と低い声で聞いてきた

もちろん私も知らないストーリー展開・・

結局次女はそこから最後までタオルハンカチで顔を覆い

流れる涙を止められず、

私も自分のあふれる涙を自己コントロールできない

私の隣で一人観に来ていたらしい女性は

しゃくりあげての嗚咽だし

会場からはすすり泣きが聞こえ

しーーーんと空気がはりつめる・・

皆どうしてよいのかわからないという感

おなじ物々たちが

草木が

まったく違って見えてくる

迫ってくるといってもよい

 

樹木さんのナレーションは

思ったよりすくなく

意外だったが

なんどかくりかえされるフレーズ

「風が吹けば枯葉が落ちる。

 枯葉が落ちれば土が肥える 

 土が肥えれば果実が実る  

 こつこつゆっくり

 人生、フルーツ。」

は、シーンによって違って聴こえる


通常NAをするであろう場面も音楽とテロップが流れ
それでもキチンと流れが理解できるようにつくられていたし
何より、希林さんのNAは
同じフレーズが出てきても
同じに聴こえないのがすごいと思った
毎回同じようにお読みになったのか
またはシーンで微妙に変えるように読んだのか・・
私なら、変えて読みそうだが
あえて変えずにお読みになったのかもと思ったりしている

 

樹木さんのナレーションは

音ではなく

まぎれもなく「人の声」であり

声に人生が滲み出ている

私もいつかそんな風なナレーションができるようになりたい〜

と目標にもなった

 

制作者の

東海テレビさんは

ゆっくり丁寧に暮らすご夫婦の日常を

丁重に丁寧に撮影していた

よくこんなことまで撮影させてくれたな〜という

驚きのシーンからも(あえて内容にはふれないでおきますね)

制作側とご夫妻の信頼関係も伝わるし

何よりご夫妻の潔いこだわりのない性格も伝わってきた

 

次女は

映画鑑賞後

「お母さん、もうムリ!

人生フルーツひきずる〜」とうわごとのように話し

帰りには、映画館の階段壁の評価も思わず写真におさめていた

 

そして最近も「人生フルーツ、もはやトラウマだわ(笑)」と

ラインしてきた

そう・・

観終わって

ずっと、ご夫妻の生き方を反芻してしまう

私もそうだもの

 

人生、フルーツ

の意味がようやく理解できたきがしている

くわしく書くとご覧になっていない方にストーリーの先取りをしてしまい

失礼かとおもうので書けないが

生きること

生き続ける事

そして

・・・

そのことによってゆっくり実らせる果実は

人生にたとえられ

熟していく

 

 

全国で上映されているが

多くは無い

東北は、各県で上映館もあるが

残念ながら岩手県はゼロ

ぜひ

HPなどで検索してご覧になってみてください

(DVD等はいっさい発売しないそうです)

 

記事続き
タイトル
タイトル
3/22〜4/19までのスイスイは盛岡前潟店
記事本文

3/22〜4/19までの5回分のスイスイサンデーは

 

盛岡前潟店からです

 

今回もベテランさん

新人さん

あわせて4人にお世話になりました!

 

グリーンはは前潟店ではこの方しかいません!

 

杉田さんは

このたびなんと、サンデー全店舗の中から

最優秀従業員賞を受賞なさったそうです!

いつもニコニコしていて

何より草花が大好きな方なので

納得の受賞ですね!

八戸の本部で授賞式に出席してきてうれしそうでした

おめでとうございます!

 

そして

新人のお二人は

やはりイケメン君

田崎君と

内山君

 

そしてこのほかに

ベテランの

高橋慶氏は

スイスイ初出演時に0歳だったお子様が

いまや5歳!とか〜

 

6年目の春を迎えるスイスイサンデーの

5回もお見逃しなく!

おばさんのヘアもちょぴっとリニューアル♪

 

TV版スイスイも視聴者プレゼントがありますので

番組の感想を書いて

IBCTV スイスイサンデーまでご応募ください

記事続き
タイトル
タイトル
今日のテーマは・・・?
記事本文

こんどのおばさん白書のテーマは「▲■○」お待ちしています!

 

という、5秒間の短い番宣を

 

ラジオで聞いて

 

あ、そーだったっけ・・

 

確認している私・・

 

つまり、それを聞くまで忘れてるっ!

 

自分でも、見事だわここまでくると!

 

と、自画自賛ならぬ

 

自我自惨・・・・・・・・

 

で、本日のテーマは????

 

お便りお待ちしてます!

記事続き
タイトル
タイトル
これは、もしかして…?!
記事本文

瀕死のサボテンをよみがえらせてもらってから

 

4ヶ月・・

 

ちいさなちいさなピンク色のものを発見

 

ひょっとして・・

 

もしかして・・

 

いえいえそんな奇跡のようなことがあるはずない・・・

 

けど・・・

 

見かたによっては・・花・・・?

 

いやいやぬか喜びはやめて

 

もうしばらく様子をみてから

 

喜ぼう・・・

 

ピンクの浮遊物???

 

でも、発見したのは母の命日でした

 

 

 

 

記事続き
タイトル
タイトル
2/22〜3/15までのスイスイは水沢佐倉河店
記事本文

2/22〜3/15までのスイスイサンデーは

 

水沢佐倉河店からです。

 

初登場!!ですがベテランの沓澤氏

 

 

そして!

佐倉河店といえばこの人!

 

チョイチョイチョイ〜の

出川氏

今回も

ツルッとぴかっとの商品目白押しでーす!

 

テレビ版スイスイサンデーの月一プレゼントもあります!

番組の感想を書いてお送りくださいね!

〒020-8566

IBCTVスイスイサンデーまで

記事続き
タイトル
タイトル
本日もタウンを聞きながら
記事本文

今日も、神ちゃんのタウンを聞きながら

作りおきおかずを作ってます。

アレコレ作りました。

 

先週やってみて

買い物の回数が激減しました

結果、お財布のプチダイエットになる!と実感

 

毎週土曜日に定番化できるといいけれど

ムリせず

楽しみながら作ります〜

 

先週美味しかったアマニ油のゆずえびまりね

牛肉と生姜の醤油煮

大豆のお肉のキーマカレー

蒸し野菜小松菜とパプリカ

しぐれ味噌(ごぼう・れんこん・人参・たまねぎ・しょうが)

ゆでもやし

ゆでブロッコリー

ゆで玉子

糸コンとひじきの煮物

 

お弁当が劇的に時短で豪華に見えます

記事続き
タイトル
タイトル
講演会に呼んで頂きました
記事本文

昨日は、花巻温泉で開催中の

 

JA新いわて東部地域園芸振興の集いに呼んでいただき

 

講演講師を務めてまいりました。

 

90分間「のりこの放送見聞録」と題して

 

私が携わったラジオ・テレビのエピソードを中心に

 

お話をさせていただきましたが

始まる前から、

 

会場に入ろうとしているマダムたちに声をかけていただきました!

 

「のりこさ〜んいつも聞いてますよ〜!」

 

温泉に入ってツヤツヤのお肌で

 

皆、ニコニコしていらっしゃいます。

 

おじ様たちも、二日酔いに負けず聞いてくださって

 

ありがとうございました!

 

私も楽しかったです♪

 

壇上から降りて

会場をウロウロしながら話す私(^^)

記事続き
タイトル
タイトル
今朝の高松の池
記事本文

久々に

高松の池にお散歩に行ってきました

 

凍っています。

遠くに岩手山がみえますが

手前全部が氷

 

昔、ここで、スケート競技が開催されたと

聞きますが、

納得!

 

白鳥さんたちも慎重に歩いているように見えます

 

カメラを構えていたら

近寄ってきました。

餌がほしい?のかしら

ごめんね〜あげられないのよー

と、心でつぶやきながら

私も、

慎重にテクテクしました

 

じんわり汗をかきましたよん

記事続き
タイトル
タイトル
週末の作りおきおかず♪
記事本文

タウンを聞きながら

二時間半で作ってみました〜

 

 

手前から

―婬討肇廛船肇泪箸離汽薀澄覆砲任るように下準備)

△發笋靴叛胡のごま油蒸し

その上が

q子の中身

その上がよГ妊ャベツ

キャベツの隣がイ罎罵

手前に戻って

茹でブロッコリー

その上がД屮蠅離丱拭湿潴焼き

その上が┿絅灰鵑箸劼犬の煮物

その上にちらっとみえるのが大根と人参の塩漬け

ブロッコリーの隣が煮豚

その上がえびと柚子のオリーブオイルマリネ

その上がシメジのピクルス

 

ラジオを聴きながら

チト大変でしたが

久々にたくさん

楽しく作りましたー

 

これで1週間なんとかやりくりできるかしら??

 

記事続き
タイトル
タイトル
家族のゆくえは?
記事本文

金しだい

 

家族のゆくえは金しだい

 

というのは、

 

昨日読み終えた

 

信田さよ子さんの著書だ

 

著者の信田さよ子さんは

 

原宿カウンセリングーセンター所長で

 

アルコール依存症、摂食障害、

 

DV、子どもの虐待などに悩む本人や

 

家族へのカウンセリングを長年行っている

 

信田さんが盛岡で講演した(10年くらい前?)際にお会いする機会があり

 

お食事もご一緒したし、

 

東京での信田先生が主催するイベントにも伺ったことがあるので

 

この書きっぷりと

 

ほんのわずかだが触れたお人柄に魅かれて久しい

 

心の問題はデリケートなことが多いが

 

オブラートに包むことなく

 

キレのいいスパっとした切れ味の良い文章なので

 

とてもわかりやすい

 

なので、気づけば我が家にも

 

たくさんの御著書のなかから8冊

 

その中の数冊も、たとえば、

 

「愛情という名の支配」〜家族を縛る共依存

「母が重くてたまらない」〜墓守娘の嘆き

「愛し過ぎる家族が壊れるとき」〜まやかしの仲良し家族から安全な家族へ

 

と、タイトル・サブタイトルからして辛口

 

本書「家族のゆくえは金しだい」も、

 

《愛と絆》だけでは(家族の問題は)乗り切れません

 

と、帯に書いてある

 

そして

 

持てる親世代と無職の子ども・・・

親子・夫婦関係を良好にするためにも

今ある関係から一歩踏み出すためにも

お金ほど大きな役割を果たす物はない

出すべきか、出さざるべきかそれが問題だ

 

と、ある。

 

愛情とお金を天秤にかけるなんて不謹慎

 

と、思っている方にこそ読んでもらいたいな〜

 

と、読後の実感である

 

あ、もちろん、わが身を振り返り

 

ズキ!どき!としながら読みましたよ〜

記事続き
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.